ご利用案内&会員特典 よくあるご質問 配送バナー FAX&E-mailオーダー案内 テラチップについて
オーダーメイド植木鉢のご依頼

検索条件

カテゴリから選ぶ
▼ 商品名検索

営業日カレンダー

2022年6月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

※赤字は休業日です

QRコード 直販について 直販は担当者不在の場合も御座いますので事前にご連絡ください。所在地 三河陶器共同組合植木鉢.comは、三河陶器共同組合加盟店です。 三河焼

園芸を長く楽しむための新提案! テラチップとは?

三河焼植木鉢メーカーである弊社が、構想2年、対照実験に1年半の歳月かけて開発した陶器用粘土を利用した多孔質が形成された土壌改良剤です。

多孔質(たこうしつ)】とは、テラチップの内部構造に約1μの道筋が縦横無尽に出来る事を指します。
その道筋により多くの水分・養分をテラチップ内に貯蔵する事が可能になります。

用土の乾燥が進むにつれ、用土内へ水分・養分が排出され、常に植物の根に栄養を長期間渡って与え続けます。

使用方法

用土内にテラチップを10〜20%混ぜるだけ。これだけで、用土内に気層を確保し、多くの植物の育成に適した弱酸性~中性に近づけ、植物の根の成長を促ます。
過度な水分を吸収し、土が乾燥すれば染み出るという、まさに自然の貯蔵庫となります。

土壌内を最適な水分・養分量に保つことで、植物にとって最適な土壌バランスを保ち、植物本来の育つ力を最大限に発揮してくれるほか、マルチングや底砂利としてもご利用いただけます。
また、半永久的に使えるのでとても経済的なだけでなく、木製チップと違い、腐食の心配もないのでシロアリ等の害虫対策としても効果が期待できます。
*取扱いの際は、軍手などの保護手袋をご使用ください

マルチング材やハイドロカルチャーとして

テラチップは用土に混ぜるだけでなく、マルチング材としても機能します。

マルチングを施した植木鉢の天面は乾きにくくなり、夏場の急激な温度上昇を防ぐ事ができ、ヨトウ虫・コガネ虫の侵入抑える事が出来るほか、
●ハイドロカルチャー内にテラチップを入れた事により水の腐食を防ぎ、長持ちしている
●室内管理で元気が無くなったフィカス・アルテシマが、テラチップ配合の用土に切替え後、元気を取り戻す
などの使用例もあります。

水遣り過多による根腐れ防止、サークリング現象の抑制にも効果を発揮してくれます。

テラチップで生まれる確かな違い!

製品仕様

カラーは【 赤焼 】【 いぶし 】の2色
【 いぶし 】は完全受注生産となっております。
いずれもサイズは S(約5㎜以下) / M(約5~10㎜) / L(約10~15㎜) の3サイズをご用意しております。

*生産工程上、表示範囲外のサイズが混入する場合が御座います。予めご了承ください。

テラチップは現在、卸取引のみでのご提供となっております。
ご興味のある販売店様は、お取引条件等、弊社までお気軽にお問い合わせください。
フッター画像MAP